• IT転職ナビHOME
  • コラム
  • 特技を仕事に!絵を描くのが好きなあなたにオススメな「Webデザイナー」の仕事

特技を仕事に!絵を描くのが好きなあなたにオススメな「Webデザイナー」の仕事

特技を仕事に!絵を描くのが好きなあなたにオススメな「Webデザイナー」の仕事

職業にするほどではないとしても、絵を書くことが好きという人は多いと思います。その“好きなこと”を仕事にできたら良いなと思ったことはありませんか。漫画家や画家、デザイナーという職業は専門的で敷居が高いイメージがありますが、Webデザイナーというお仕事であれば、その興味を活かすことができる可能性があります。そこで、Webデザイナーという職業について基本的なことをお伝えします。

そもそも「Webデザイナー」って何をするの?

そもそも「Webデザイナー」って何をするの?

Webデザイナーのお仕事は、その名の通りWeb上のサイトをデザインするというものです。一般的にはホームページや、ランディングページと呼ばれる広告のページなどを制作することが多くなります。それだけを聞くと専門性が高くて敷居が高そうと感じるかもしれませんが、他にも色々なお仕事があるのでWebデザイナーは未経験から始めやすい職業といえるでしょう。未経験でも転職できる理由についてお話してきましょう。

「絵が得意」なあなたがWebデザイナーに向いている理由とは

先ほども申し上げたように未経験でも転職できる理由としては、制作の中でも色々なお仕事があるということが挙げられます。デザインする対象はホームページだけではありません。広告などに使われるバナーもWebデザイナーが制作します。
バナー制作ではキャラクターや、イラストを使用することも多いため、絵が得意ということは非常に有利になります。また、ランディングページと呼ばれる1ページで構成される広告で多く用いられるページについても、全体がイラストで出来ているような要素が強いため、絵の特技を生かすことができるでしょう。バナーを作る場合も、ホームページを作る場合も、IllustratorとPhotoshopというソフトを使用することが一般的です。

Illustrator,Photoshopを使いこなそう!

IllustratorとPhotoshopというソフトは、Webデザイナーがよく使用するパソコン用のソフトです。どちらか片方から始めるのであれば、最初はPhotoshopを使ってみるとよいでしょう。Photoshopはその名の通り、写真を加工するためのソフトです。しかし、ホームページなどを作る際には写真だけでなく、文字やちょっとしたイラストなどデザインすることもあります。ホームページ全体のイメージを作成する場合にもよく使われます。その場合はPhotoshopで作成したホームページのデザインの中から、そのまま一部品を切り取ってホームページを組み立てる時に使用します。
一方、Illustratorの方は点と点をつないで独特なやり方でイラストを作るソフトになります。Photoshopで作成したイラストなどは拡大、縮小すると画質が荒くなってしまうことがありますが、Illustratorで作成したイラストの場合は、拡大しても縮小しても問題なく使用することが可能です。そのため、後々色々な大きさで使用されるであろう「キャラクター」や「ロゴ」の作成などに使用されます。Illustratorで作成した部品を、Photoshopに配置するという使い方が一般的ですが、どちらか片方のみを使用してWebデザインを行うデザイナーの方もいます。ただし、お仕事では他のデザイナーが作成したものに手を加えることもあるので、両方使えた方が安心かもしれませんね。

あなたのセンスを生かしてデザイナーとして活躍!

あなたのセンスを生かしてデザイナーとして活躍!

ソフトの使い方さえマスターしてしまえば、Webデザイナーとして活躍することも夢ではありません。絵を書くことが好きな方であれば、どちらのソフトについても楽しく学べるのではないでしょうか。デジタルで絵を書いたことのない人であれば、ソフトを使って絵を書くことが新しい楽しみになることもあるでしょう。
また、Webデザイナーに大切なのはやはりセンス。昔から絵を書くことが好きであれば、色の組み合わせや配置などを考えるセンスも知らず知らずのうちに鍛えられているはずです。絵を書くように楽しくお仕事を出来るというのが、未経験でも転職しやすい理由といえます。

 

IT転職ナビで、未経験から始めるデザイナー職を探そう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

求人を探す

職種
勤務地 給与   以上
キーワード

検索する

このページのトップへ