履歴書、職務経歴書について

履歴書、職務経歴書について

夏のボーナスが出たら、転職をとお考えの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?さーまずIT転職ナビで情報収集を!
そんな中、新卒の時に最終面接まで漕ぎ着けたが、内定をもらえなかった企業の求人が!転職はタイミングというし、ボーナスをもらってからの転職活動で間に合うのか??

採用されるかどうかも分からないし、大手企業なら選考で1ヶ月ほどはかかるはずここは迷わず応募!という貴方、転職時の履歴書、職務経歴書ってどうされていますか?手書き派?出力派?

IT業界では、出力した書類で問題ない企業がおおいようです。

人材紹介会社のワークポートの調査によると
中途採用に関しては、ほぼ出力したもので問題ないという結果がでているようです。

ということは、字を綺麗に書く事が苦手な方は、あえて手書きが書く方がマイナスになる場合もあるようです。
人事からすると、手書きだろうが、出力したものだろうが構わないが、見やすければどちらでも良いという事のようです。
どっちでもいいということならば、出力した方がより良いかもしれませんね

私個人の見解ですが、出力したものでも気をつけている事は、白色度(いかに白い紙か)が高いものと、
多少なりとも厚みのある紙を使用することでした。
白色度が高いと黒のインクが栄え、文字も読みやすくなり、紙が厚いと重量感がでます。
「良い紙つかっていますね」なんて担当者さんから言われたりもして、本題に入る前のつかみトークにもなっていました。

手書きか出力かよりは、見やすさを重視する傾向

手書きか出力かよりは、見やすさを重視する傾向

よくよく考えてみれば、大手企業に提出される書類の数って大量であることが簡単に想像がつきますよね
字が得意であれば、多少なりとのイメージアップになるかもしれませんが、
逆に汚い字の履歴書ってそれだけで、詳しく見てもらえないかもしれませんね。
但し必ず手書きの履歴書を提出するようにと指示や記載のある求人もゼロではありません。
特に応募書類に、写真付き履歴書(出力不可)という記載のある求人も目にした事があります。
皆様が応募する際は、事前に確認をしてみるのも良いでしょう。

履歴書の書き方、職務経歴書の書き方

まずは、今までの職歴を振り返りましょう。
良く間違えるたり、分からなくなるのが、その会社に滞在した年数です。
基本的には記憶をたよりに記載していく方法が一番多いのではないでしょうか?
1社目、2社目くらいまでは覚えていても、3、4社となってくるとかなり曖昧になってきますよね
全ての方に当てはまらないですが、過去に自分が入社した会社の履歴を探る方法を1つ伝授致します。

その方法とは?
年金事務所で、厚生年金加入の履歴を閲覧することです。
資格取得・喪失年月日(入社・退社)、会社名、、加入月数等が閲覧できます。
詳細は、お近くの年金事務所までお問い合わせください。
どーしても、思い出せない。そんな時に参考にしてみてください。

履歴書、職務経歴書の雛形がダウンロードできる

社歴、入退社年月も判明したし、職務経歴書を作りましょう。
在籍した企業を直近から古いものへと記載し、
■携わった期間
■概要
■アピールできる受賞履歴や、数値
などを記載して行きましょう。

営業であれば売り上げ金額、開発であれば規模感など、具体的な表現があると
伝わりやすく、アピールもしやすいでしょう。
社内表彰などの経験があれば、こちらもアピール度が高めです。

でも実際に職歴書って、いざ書こうと思うとなかなか進みも悪いものです。
そんな時は、IT転職ナビの職務経歴書ダウンロードから
雛形、テンプレートをダウンロードしましょう。
エンジニア用の職務経歴書や、デザイナー用の職務経歴書、バックオフィス用の職務経歴書まで、
幅広い職種の職務経歴書をご用意しております。
是非、ご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

求人を探す

職種
勤務地 給与   以上
キーワード

検索する

このページのトップへ

  • IT転職ナビHOME
  • コラム
  • 特技を仕事に!絵を描くのが好きなあなたにオススメな「Webデザイナー」の仕事