情報セキュリティポリシー

株式会社ワークポート(以下、ワークポート)は、情報漏洩リスクに対しハイレベルの対策を抜本的に講じることにより、社会から名実共に高く評価して頂きたいと考えております。そのため、情報セキュリティを企業の基本的かつ絶対的な文化とする目的で、その方針を明文化した「情報セキュリティポリシー」を策定致しました。 今後はこの「情報セキュリティポリシー」及び「個人情報取扱ポリシー」を遵守し、高度な情報セキュリティ管理体制を維持していくことに努めます。

1.情報セキュリティポリシーの対象

情報セキュリティポリシーが対象とする「情報資産」とは、ワークポートの企業活動において入手及び知り得た情報、ならびにワークポートが業務上保有するすべての情報とし、この情報資産の取り扱い及び管理に携わるワークポートの「役員、社員、派遣社員」および、ワークポートの情報資産を取り扱う「業務委託先およびその社員」が遵守することとします。

2.情報セキュリティ管理体制の構築

ワークポートが保有する全ての情報資産の保護に努め、情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守することにより、社会からの信頼を常に得られるよう、非常にセキュアな情報セキュリティ管理体制を構築していきます。

3.「情報セキュリティ管理責任者」の配置

「情報セキュリティ管理責任者(CISO)」を設置いたします。これにより全社レベルの情報セキュリティの状況を正確に把握し、必要な対策を迅速に実施できるよう積極的な活動を行います。

4.情報セキュリティに関する内部規程の整備

月2回の社内講習など、徹底した教育で、ワークポート社員全員が情報を取り扱う事への意識向上と、対策を徹底しています。

5.情報セキュリティ対策を徹底したシステムの実現

情報資産に対する不正な侵入、漏洩、改ざん、紛失、破壊、利用妨害などが発生しないよう、徹底した対策を反映したシステムを実現していきます。対策としては高セキュリティエリアでの作業、DBアクセス権の制限など、データへのアクセスを徹底的にコントロールする考え方で臨みます。

6.情報セキュリティリテラシーの向上

全社員及び派遣社員にセキュリティ教育・訓練を徹底し、ワークポートの情報資産に関わる全員が、情報セキュリティリテラシーを持って業務を遂行できるようにします。また、刻々と変わる状況に対応できるよう、教育・訓練を継続して行っていきます。

7.外部委託先の管理体制強化

外部委託を行う際には、外部委託先としての適格性を十分に審査し、ワークポートと同等以上のセキュリティレベルを維持するよう要請していきます。また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けていくために、外部委託先を継続的に見直し、契約の強化に務めます。

8.情報セキュリティポリシーの見直し

情報セキュリティポリシーは、随時見直しをしていきます。
※この情報セキュリティーポリシーは、2005年3月1日に制定されました。

このページのトップへ