IT用語集

IT用語集

IT・インターネット・ゲーム業界に関する用語をわかりやすく解説しています。

バナー広告

  • twitter
Web上での広告の形状の一種で、横幅が縦幅に対して極めて長い帯状の長方形の広告のこと指します。
Webページ上のある枠に画像などを表示する広告手法全般を指す場合もあります。
日本においてはサイト間でリンクを張る際、リンク先のサイトの看板としての画像のことをバナーと呼ぶことも多いです。

バナー広告の大きさは、一般的な横468×縦60ピクセルの「フルバナー」、フルバナーの横幅を半分にした234×60の「ハーフバナー」、などがあります。
これに対して、長辺が120ピクセル程度かそれ以下のものは「ボタン広告」、縦横の長さが同じあるいは近いものは「レクタングル広告」、正方形のものは「スクエア広告」、極めて縦長なものは「スカイスクレイパー広告」と呼ばれることが多いです。
(モニターの大きさにもよりますが、1ピクセル当たり0.02~0.04mmくらいが一般的です。)

新着用語

新着用語

文字を主体にしたデザインのこと。文字の大きさ、書体の変化、色の違いなどを、部分的に変更し強弱をつける…

WAN

12/17(月)

広範囲にわたるネットワークのことをWAN(Wide Area Network)と言い、LAN(Loc…

反重力デザインとは、Webサイトの中で重力に逆らった動作をするイラストなどの要素をいれるデザインのこ…

このページのトップへ