IT用語集

IT用語集

IT・インターネット・ゲーム業界に関する用語をわかりやすく解説しています。

フェイクニュース

  • twitter
フェイクニュースとは、誤った情報が一般に公開されることです。
TV、SNS、Web媒体など情報を手軽に発信できるようになった現代では、発信のスピード感や流行が内容の真偽よりも優先されることがあります。
情報には大きく分けて「量の多さ」、「新鮮さ」、「真偽(質)」の3つの視点が重要で、1つとして欠けることなく、バランスが必要です。
また、受け取る側と情報の発信元によってこれら3つの分量のバランスが異なります。

したがってフェイクニュースが流行りやすいのは、SNSなど『情報が一気に拡散されやすい場所』があり、かつ有名人のニュースや選挙戦など『出回る情報が“新鮮であること”に最も重点が置かれた』時です。(デジタル広告の収支を上げるための作為的なシステムを除く。)
受け取る側は、例えば情報の裏付けとなる新たな情報を探したり、安易に拡散などをしないこと、また常に嘘か本当かを見抜くための視点が求められます。

新着用語

新着用語

流通業における中心的なマーケティングの方法で、自社製品や自社サービスをお客様の求めるもの、価格、時期…

SLA

6/17(月)

サービスレベル・アグリーメントの略で、サービスプロバイダとその顧客の双方が得る合意・契約のことです。…

日本国内でネットワークやコンピュータのインシデントやセキュリティ情報を収集し、解決策や対処法の情報を…

このページのトップへ