IT用語集

IT用語集

IT・インターネット・ゲーム業界に関する用語をわかりやすく解説しています。

ホワイトハッカー

  • twitter
ホワイトハッカーは通常のハッカーと異なり、システムのセキュリティ面でスキルを発揮する人を指す言葉です。具体的にはプログラミング技術、ネットワークへの知識を使い、システムの脆弱性診断や侵入が起こった時のシステムアラート、侵入後の追跡を行い改善を図ります。
日本では2018年現在ホワイトハッカーは職業として未だ一般的な認知に至っていませんが、技術革新が進み情報量の増大・インフラの拡大・クラウドの活用などセキュリティエンジニアの活躍の場は広がりつつあります。
大企業の顧客情報や取引内容などの情報漏洩を防ぐ姿勢が、法令の遵守の絶対義務としてだけでなく企業の社会的規範をも求められている現代ではセキュリティに関する事業も拡大の傾向にあります。
また、実際に情報漏洩に至ったケースでは社会的信用の失墜、取引先の減少など減益に直結することからますますセキュリティへの関心は高くなっています。
暗号解読やシステムへの侵入を図ってデータの流出をもくろむハッカーとは対象的なホワイトハッカーもまた、コンピュータ技術の最先端、アメリカでいち早く注目を浴びている存在です。
Certified Ethical Hackerという素質を図る資格があり、ハッカーとしての侵入方法を学ぶことで逆に防衛の仕方を学ぶのがセキュリティエンジニアの勉強方法となっているようです。

日本国内でもホワイトハッカーのための教育機関や政府主導による教育校ができており、学ぶ場所は増えています。

新着用語

新着用語

パソコンをある一定時間操作しないと、画面上でアニメーションが表示されることをスクリーンセーバーと言い…

スキミング

11/12(月)

キャッシュカードやクレジットカード内の情報を取り出すことをスキミングと言います。スキミングをし、カー…

経営思想家エイミー・C・エドモンソン教授が説くPsychological safetyを訳した言葉。…

このページのトップへ