IT用語集

IT用語集

IT・インターネット・ゲーム業界に関する用語をわかりやすく解説しています。

不揮発性メモリ

  • twitter
PCが記憶しておく部分をメモリと言い、データを保存する際には必ず電気を必要としています。
記憶した後のメモリで電気がなくても記憶を維持しておくことができるものを不揮発性メモリと言い、USBメモリやCD-ROM、一昔前ではフロッピーディスクなどPCの外部部品に広く普及しています。
不揮発性メモリは不祥事で作業中に電源が落ちてしまったとしても、記憶の維持に電気は必要としないので、保存されていればデータは残ります。
対の物で揮発性メモリがありますが、基本的にはPC内部にある記憶装置のDRAMの部分のことを指し、記憶の維持には電気を必要とします。
最近ではPCの内部のメモリも不揮発性メモリを使用するものが出てきており、ユーザービリティの向上に繋がっています。

新着用語

新着用語

あらゆるプログラムが使用できるメモリをシェアードメモリと言い、基本的には作業をする際に使用され作業が…

個人で所持する通信端末(スマートフォン、PC、タブレットなど)を業務に使うことです。組織内のITまた…

ソフトウェアテスト手法の一つです。無効またはランダムデータをソフトウエアやシステムに入力し、コーディ…

このページのトップへ