IT用語集

IT用語集

IT・インターネット・ゲーム業界に関する用語をわかりやすく解説しています。

Webフィルタリング

  • twitter
別名「コンテンツ制御ソフトウェア」とも呼ばれるWebフィルタリングは、ユーザーが自分のコンピュータでアクセスできるWebサイトを制限するためのソフトウェアです。
ユーザーがコンタクトを取ろうとするURLを通じてサイト内に登録された語句を読み取り、サイト内から制限するキーワードを探して接続を許可もしくは制限するかを決定します。
制限対象のコンテンツ(もしくはWebサイト)は、大きく3つに分かれます。

1.子供が不適切なコンテンツにアクセスできないようにする(保護者向け)
2.仕事に関係のないWebサイトに従業員がアクセスできないようにする(事業者向け)
3.マルウェアが多く存在する、ポルノ・ギャンブル系のWebサイトのアクセスを制限する(一般ユーザー向け)

Webフィルタリングはホワイトリストとブラックリストを使って実行されます。どちらか片方が使われることも、両方使われることもあります。
ホワイトリスト:フィルターを設定した人が特に選択したサイトへのアクセスのみを許可
ブラックリスト:フィルターにインストールされた標準に従って、望ましくないサイトへのアクセスを制限

簡易的な精度のWebフィルタリング機能は多くの場合、Webブラウザに拡張機能として存在しています。
また、ISPまたは事業者がネットワークにWebフィルタリング機能をインストールして複数のユーザーのWebアクセスを一度に制限したり、検索エンジンに適用してユーザーに有害なWebサイトを検索結果から取り除くといった使用方法があります。

新着用語

新着用語

アプリやWebサービス内にあるユーザー間で短いメッセージのやり取りを行うことができる機能をインスタン…

インテグレーションは一体化や統一化などの意味を持ち、ITの分野ではシステムやネットワークなど組み合わ…

アバター

7/1(木)

ヒンドゥー教で神の化身という意味で、SNSやオンラインゲームVRなどで使用されるユーザーがシステム内…

このページのトップへ