IT用語集

IT用語集

IT・インターネット・ゲーム業界に関する用語をわかりやすく解説しています。

シンクライアント

  • twitter
サーバべースのコンピューティング環境とのリモート接続をするのに最適化するよう設計されたシステムアーキテクチャのことです。
サーバ側の処理を最大限にし、ユーザのコンピュータそのものやネットワーク管理機能を最小限にします。
また、狭義ではそうして最小限の処理を行うための端末を「シンクライアント」と呼ぶこともあります。
このようなシンクライアントのネットワーク構成では、ソフトウェアプログラムの起動、数字の整理、データ保存などの殆どの処理をサーバ側で行います。
シンクライアントは多くの専用端末が必要な場合で、利用するサーバのデータを同時期に共有・処理する必要があるような用途で多く使われています。
例えば図書館の検索システムや貸し出し機能、企業においては基幹システムのサーバを共有した仮想デスクトップなどです。

特にサーバ内で秘匿性の高いデータを扱う場合にシンクライアントを適用すれば、端末から情報漏洩する可能性が低くセキュリティの向上を重要視する場合は特にメリットとなります。この他にもサーバ管理者の負担軽減や、端末の不具合によるPC交換が可能である点に高いメリットがあります。

対義語にはファットクライアント、シッククライアント(太い、もしくは厚みのある)があります。

新着用語

新着用語

ECM

4/19(金)

企業が業務上使用する文章や音声データ、画像などのデータをはじめとする情報となるものを管理することをE…

デーモン

4/19(金)

OSのバックグラウンドで常に働くプログラムのこと。日本語だと「悪魔」の意味が強い言葉ですが、英語表記…

双方で取引を行う場合に直接の取引を行わず、第三者が介入し取引を行ってもらう方法をエスクローと言い、第…

このページのトップへ