IT用語集

IT用語集

IT・インターネット・ゲーム業界に関する用語をわかりやすく解説しています。

デジタルツイン

  • twitter
デジタルツインとは、工場や製造現場といった現実の世界の、特に物理的な出来事(モノ)と同じ状況をリアルタイムに元にデジタル上にデータを表現し、そのデータを駆使することで、開発した製品や部品を現実世界でテストするのに従来かかっていた膨大な時間と労力の軽減をはかるために生み出された技術の総称です。

物理的な機器や部品などから仮想計測データを取集、解析してデータ上でシュミレーションを行い、より革新的な設計やテスト環境、動作検証の指示を与えて製品の価値向上を目指します。

従来製造業やエレクトロニクス、航空宇宙や自動車産業でのテストではCAE(computer aided engineering)が主流でした。設計段階の時点で予め発生するだろう課題に対し、現実に起こりうる状態を予め予測し設計の段階でシュミレーションすることによって時間の短縮、コストのカット、再現困難な環境での結果をデータとして予測でき、プレゼンテーションに活用しやすいなどの点でメリットがあり既に普及しています。

デジタルツインは、CAEの解析技術に加えてセンサーや電子回路の高性能、小型化、データを送信するインフラの更なる整備によって実現しました。
デジタルツインはロケーション・行動データ・気象データなどあらゆる種類のビックデータを元にデジタル環境に精緻なモデルを作り出すことによって製品のテストや検証にかかるメリットを享受するばかりか、高精度の実証や購買予測、ビジネス上のプロセスの最適化が可能となる点でマーケティングにも活用できる点がCAEとの比較で最も大きなメリットといえます。

新着用語

新着用語

ビット

8/15(水)

コンピューターで表示されるテキストや画像などはすべて二進数で表示され、0か1が入る一マスのことをビッ…

マーケティングファネルとは、様々なマーケティング手法から見込み客を実際の顧客に絞り込まれる過程を表し…

Google検索一覧のサイト説明に表示する部分で、サイト制作者により設定することもできる。サイト内の…

このページのトップへ