IT用語集

IT用語集

IT・インターネット・ゲーム業界に関する用語をわかりやすく解説しています。

SIPS

  • twitter
SIPSとは、購買行動モデルの一つです。
AIDMAよりもインターネット時代に対応した購買行動モデルで、SNSの利用が深く浸透したターゲット層に現れる購買行動を説明しています

Sは共感する=Synpathize
Iは確認する=Identify
Pは参加する=Participate
Sは共有と拡散=Share&Spread
特徴的な点は、マスメディアによる広告によって初めて注意や興味が起こるAIDMAAISASとは異なり、SIPSの場合はその購買行動の出発点が「共感」で始まる点です。

多くのアプリやサイトなどを自在に使いこなすユーザーが増えたため、情報流入経路も爆発的に増えました。自ら積極的に多くの情報に触れるユーザーは、「情報の精度」「情報量」「情報の新しさ」「情報の要/不要」というフィルターも必要になりました。
人々の共感を得ることで購買行動につながるSIPSはイノベーター理論のアーリーアダプターとも関連しています。

新着用語

新着用語

アプリやWebサービス内にあるユーザー間で短いメッセージのやり取りを行うことができる機能をインスタン…

インテグレーションは一体化や統一化などの意味を持ち、ITの分野ではシステムやネットワークなど組み合わ…

アバター

7/1(木)

ヒンドゥー教で神の化身という意味で、SNSやオンラインゲームVRなどで使用されるユーザーがシステム内…

このページのトップへ