IT用語集

IT用語集

IT・インターネット・ゲーム業界に関する用語をわかりやすく解説しています。

JavaScript

  • twitter
JavaScript(JS)とは、プログラミング言語のひとつで、Webサイトの見た目や動き、サイト内の情報の表示などさまざまなことができます。
たとえば、トップページのメイン画像を一定時間で切り替えるスライドや、Webサイトにある画像をクリックすると拡大して見れたり、入力フォームの記入漏れチェックなどにも使われています。
ほかにもパンくずと呼ばれるWebサイトの構造を示した部分を、JavaScriptを使ってデータとして記述することで、SEOに効果があるといわれています。
JavaScrptは、React.js、Vue.js、AngularJS、jQueryなど、フレームワークやライブラリが充実しており、これらを取りいれることで素のJavaScriptを使うよりも、効率よく開発ができることもあります。
また、似た用語に「Java」というものもありますが、まったく別の言語です。

新着用語

新着用語

疑似要素

5/29(金)

疑似要素とは、Webサイトの見た目を設定するCSSファイル内で用いるもので、要素内の特定の文字や行に…

レスポンシブウェブデザインを実現するためのもので、どんな端末の画面サイズでも適切なレイアウトで見るこ…

メーカーやIT企業などで営業職に従事している職種です。セールスエンジニアの役割は顧客の元に出向いて技…

このページのトップへ